トスを安定させるには、以下のようなことを意識した方がいいでしょう。 ・準備を怠らない ・ボールの下に素早く入る ・体をネットと垂直にする ・おでこの上でトスをする ・腕をひねり出す ・親指を使う 基本中の基本ですが、準備を怠らないというのが一番大事です。 どんなボールにも対応できるように、しっかりと体勢を整えておきましょう。 それに、これも基本になりますが、ボールの下に素早く入ってください。 その時に、ネットと体が垂直になるようにしましょう。 ネットに背を向けてしまったりすると、トスが不安定になります。 また、おでこの上で十分にボールをひきつけてトスをするというのも重要です。 そして、腕をひねり出すようなフォームと親指を使ってあげるということを意識してください。 これらのポイントを常に意識していれば、安定したトスをあげられるようになるはずです。 どれもトスの基本ですが、基本が身についていないと正確なトスをあげることはできないので、ひたすら練習を行いましょう。 打ちやすいトスをあげることができれば、スパイクの成功率もアップします。